除毛クリームで出来る「赤いぶつぶつ」「黒いぶつぶつ」を改善!

あなたは除毛クリームをきちんと使えていますか?
あるいはまだ除毛クリームを使っていませんか?

除毛クリームを使用すると、2つのぶつぶつができることがあります。
1つは肌荒れや赤腫れが原因の赤いぶつぶつ。
もう1つは除毛が失敗し、毛根が残る黒いぶつぶつです。

どちらも改善方法があります。
では、どのように改善すれば良いのか、ご紹介します。

まずは赤いぶつぶつの場合です。

【スポンサードリンク】



肌荒れの赤いぶつぶつは事前のパッチテストで回避

赤いブツブツは肌荒れや赤腫れが原因です。
赤いブツブツができてしまう原因は除毛クリームが肌に合っていない為です。
こうなると、除毛クリームを変える必要があります。
あるいは脱毛エステサロンに行くなど除毛、脱毛の方法を変えることが大切です。

つまり、使ってみてからでは遅いので、その前に赤いぶつぶつを回避する必要があります。
その方法がパッチテストです。
事前にパッチテストをして、自分の肌に除毛クリームが合っているか調べましょう。

パッチテストのやり方は下記記事で書いていますので、どうぞご覧ください。

⇒安全のためのパッチテストのやり方

このように完全な改善とはなりませんが事前に防ぐことは大切なことです。
特に敏感な場所などに使おうとする場合は、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストは面倒かもしれませんし、しない人もいるでしょう。
ですが、赤いブツブツになって、広範囲赤くてかゆくなるよりはずっとましです。

次に黒いぶつぶつが残る場合です。

除毛クリームを最大限に生かし、黒いブツブツを解消しよう!

黒いブツブツが残ってしまうのは、毛根がうまく除毛できていない為です。
しかし、脱毛エステサロンとは違い、完全に毛根を脱毛することはできません。
だけど、黒いブツブツが目立たない、あるいはほとんどなくすことはできます。

黒いぶつぶつを失くすためには除毛クリームの性能を十二分に引き出す必要があります。
そのためには以下に書く方法が有効です。

まずは体をあっためることが大切です。
体をあっためると、毛穴が開き、除毛クリームが浸透します。
なので、浴室で除毛する場合は、お風呂に湯をはりましょう。
そして、熱湯シャワーで浴室をできる限りあったかくします。
こうすることで体があったまり、除毛効果が増します。

さらに除毛効果を高めたい場合には、除毛クリームを塗った場所をラップでまきます。
こうすることで、さらに除毛クリームを浸透させることができます。

この方法を試すだけでも、黒いぶつぶつがほぼ残らなくなります。
それでもまだ黒いぶつぶつが残る場合は、
除毛クリームが体毛に合っていない可能性があります。

どの除毛クリームが合うかは使ってみないと分かりませんが、
私が使っているのはリムーバークリームNULLという除毛クリームです。

非常におすすめの除毛クリームで、
黒いぶつぶつを残したくない人だけではなく、
赤いぶつぶつを残したくない人にもおすすめです。

私の感想ですが、除毛力が非常に高く、肌に優しいので、
NULLは2つのぶつぶつに対して非常に有効だからです。

まだあなたが除毛クリームに不満を持っているなら、
あるいはこれから除毛クリームを使うなら、一度NULLを試してはいかがでしょう?

除毛クリームNULLの詳細はこちら

【スポンサードリンク】



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ