脱毛クリームの痒み(かゆみ)対策

脱毛クリームでは痒み(かゆみ)が出る人、出ない人がいます

最近の脱毛クリームは低刺激で肌にも良いものが多いです。

その為、痒み(かゆみ)のトラブルはあまりありません。

だからといって、痒み(かゆみ)のトラブルが0という訳でもありません。

毛を溶かす刺激物ですから、少し肌にダメージを与えます。

その為、痒み(かゆみ)などのトラブルが出ることも勿論あります。

これは個人差ですが、肌が弱い人は気を付けましょう。

不安な人は事前にパッチテストをすることをおすすめします。

⇒脱毛クリームも安全のためにパッチテストしましょう

痒み(かゆみ)だけではなく、肌が赤くただれる可能性もあります。

パッチテストで安心・安全に除毛をしましょう。

 

痒み(かゆみ)が出てしまった時の対処

痒み(かゆみ)がでないのが一番ですが、でてしまったらの時です。

痒み(かゆみ)が出た箇所を綺麗に洗い流しましょう。

化粧水、保湿液などを塗りましょう。

もったいないですが、除毛クリームは捨てましょう。

それでも痒み(かゆみ)がひかない、赤く腫れるなどがあれば、

速やかに皮膚科を受診した方が良いです。

最近の脱毛クリームではあまりないことですが、

個人差は存在するので注意が必要です。

おすすめは低刺激のパイナップル豆乳除毛です。

低刺激で美肌効果もあり、痒み(かゆみ)も出づらいです。

パイナップル豆乳除毛クリームについて

このブログではおすすめしているパイナップル豆乳除毛

低刺激で脱毛効果もあるので、非常におすすめです。

かゆみで悩まれる方にも良いと思います。

ちなみにどれくらいの効果があるかは、以下の動画を見てください。

どうでしょうか? 凄いと思いませんか?

もし、気になる方は以下の画像からサイトをご覧ください。



痒み(かゆみ)が全くでないとは断言できません

当然ですが、脱毛クリームは毛を溶かすものです。

刺激が0といったらウソになります。

上のパイナップル豆乳除毛も同様です。

それでも最近のは保湿効果などがあり、安全度は高いです。

不安を払しょくするためにも、購入の際には、

パッチテストを行うようにしましょう。

⇒脱毛クリームも安全のためにパッチテストしましょう

 

体調が悪い時は脱毛クリームを控えましょう

肌が弱いなどの体質の他に、体調も関係があります。

体調が悪い時は、抵抗力もさがっているので、

赤みがでたり、痒み(かゆみ)がでたりする可能性はアップします。

体調が悪い時や病気の時は避けるようにした方が良いです。

逆にいえば、健康な時からマメに除毛するようにしましょう。

 

痒み(かゆみ)があっても掻かないように

痒み(かゆみ)があれば、掻きたいものですが、掻くとより肌を傷めます。

当然のことですが、痒み(かゆみ)があってもあまり掻かないようにしましょう。

せっかく見た目のために行うことですから、除毛トラブルで肌を悪化させては意味がありません。

では、痒み(かゆみ)のない除毛ライフがおくれるよう参考になればと思います。

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ